ディバイナー 戦禍に光を求めて (2014) : The Water Diviner

ラッセル・クロウが戦争で行方不明になった3人の息子を捜す父親を演じ、初めて監督も務めた人間ドラマ。イギリスら連合国軍の一員として参戦し、多くのオーストラリア人が遠い異国トルコの地で戦った、第1次世界大戦のガリポリの戦いを、オーストラリアとトルコの双方の視点から忠実に描いている。

監督:ラッセル・クロウ
出演:ラッセル・クロウ、オルガ・キュリレンコ、ジェイ・コートニー、イルマズ・アルドアン

ディバイナー 戦禍に光を求めて (2014)のあらすじ

オーストラリア人の農夫コナーは、ガリポリの戦いで行方不明となった3人の息子の最期を知るため、トルコへ向かう。異国の地での捜索は困難を極めるが、イスタンブールで宿を営む美しい女性アイシェや、息子たちと戦ったトルコの英雄ハーサン少佐らの助けを借り、迫りくる危険に立ち向かいながら、少しずつ息子たちの元へ近づいていく。

関連記事

  1. ブロークンシティ (2013) : Broken City

  2. ロビン・フッド (2010) : Robin Hood

  3. ある少年の告白 (2018) : Boy Erased

  4. レ・ミゼラブル (2012) : Les Misérables

  5. パパが遺した物語 (2015) : Fathers and Daughters

  6. ナイスガイズ! (2016) : The Nice Guys