ロビン・フッド (2010) : Robin Hood

今なお語り継がれる伝説の義賊、ロビン・フッドの激しい闘いをダイナミックに活写する。スコット監督ならではの色彩豊かな背景をバックに、知られざるロビンの出生の秘密も明らかになるほか、彼の美しき愛もつむがれる。「グラディエーター」のリドリー・スコット監督とラッセル・クロウが再びタッグを組んだ歴史スペクタクル大作。

監督:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング、オスカー・アイザック、レア・セドゥ、マックス・フォン・シドー

ロビン・フッド (2010)のあらすじ

12世紀末。ロビン(ラッセル・クロウ)は、十字軍兵士としてフランス遠征に赴いていた。イングランドの騎士ロバートの暗殺現場に遭遇した彼は、その遺言を聞き入れ、ロバートの父であるノッティンガムの領主ウォルター(マックス・フォン・シドー)に剣を届けに行くことを約束。ノッティンガムに到着したロビンは、ウォルターからロバートの身代わりになって欲しいと頼まれる。

ロビン・フッド (2010)のストーリー

時代は12世紀末。十字軍の兵士としてフランスで戦っていたロビン(ラッセル・クロウ)は、イングランドの騎士ロバート・ロクスレーの暗殺現場に遭遇。ロバートの遺言を聞き入れ、彼の父でノッティンガムの領主であるサー・ウォルター(マックス・フォン・シドー)に剣を届ける役目を引き受ける。かくして訪れたノッティンガムの地で、ロビンはサー・ウォルターからロバートの身代わりになってくれと頼まれる。彼の素朴な人柄は領民たちの人気を集め、ロバートの未亡人マリアン(ケイト・ブランシェット)とも次第に心が通いあっていくのだが、その行く手には、イングランド侵略をもくろむフランス軍との壮絶な戦いが待ち受けていた。

関連記事

  1. レ・ミゼラブル (2012) : Les Misérables

  2. ブロークンシティ (2013) : Broken City

  3. スリーデイズ (2010) : The Next Three Days

  4. ナイスガイズ! (2016) : The Nice Guys

  5. パパが遺した物語 (2015) : Fathers and Daughters

  6. ある少年の告白 (2018) : Boy Erased