インサイダー (1999) : The Insider

男臭い役ならおまかせのベテラン、A・パチーノがバーグマン役に。報道陣としてのプライドを捨てず、権力にも屈しないキャラクターが、硬派な存在感にハマっている。

監督:マイケル・マン
出演:アル・パチーノ、ラッセル・クロウ、クリストファー・プラマー

インサイダー (1999)のあらすじ

ある日、CBSの人気ドキュメンタリー番組『60 Minutes』のプロデューサー、ローウェル・バーグマン(アル・パチーノ)の元に匿名で書類が届けられる。それはタバコ産業の不正を告発する極秘ファイルだった。彼はアメリカの大手タバコメーカーB&W社で研究開発担当副社長を務めたジェフリー・ワイガンド(ラッセル・クロウ)に接触し、インタビューに応じるよう説得する。マスコミとの接触を知ったB&W社に圧力をかけられたワイガンドは苦悩するが、『60 Minutes』のインタビューに応じ、法廷で証言することを決意。『60 Minutes』の看板キャスター、マイク・ウォレスによるインタビューの収録を受ける。しかし、CBSの上層部はタバコ産業との訴訟を恐れ、ワイガンドのインタビューをカットして放送する事を決定、バーグマンも『60 Minutes』を降ろされてしまう。

関連記事

  1. クイック&デッド (1995) : The Quick and the Dead

  2. ラッセル・クロウの出演映画一覧

  3. L.A.コンフィデンシャル (1997) : L.A. Confidential

  4. バーチュオシティ (1995) : Virtuosity

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。